既卒者カフェの発展のアイデアを書き込んで行きます!

 

思いつきで、既卒者カフェの発展アイデアを書き込むところです!

面白いと思ったら、褒めてください( ^ω^)

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

◆『既卒者カフェ』という常設のカフェを開設し、既卒者に働いてもらう。

 意義:既卒者の活動資金になる。(アルバイトがしづらいという背景がある。)

    雇用を生み出す。⇒僕の仕事になる、もしかしたら何人か雇えるかも

    就労支援の一歩手前のサービスになる(若者支援的な意義)

 

 課題:開設資金、運用資金、場所、食品取り扱い責任者?の不在、 

 

 内容のアイデア:

    メニューは企業の新商品見本市にする。(企業への提案営業)

    フェアトレードと通常の商品の両方を用意

    絵や写真を展示するスペースを用意し、クリエイターの活動を支援       

    企業とのマッチングブースを設置(コーヒーでも飲みながら面談)

    小さな図書館を設置(既に館長を要請済み?)

    過剰なサービスはしない。

    求人とか、来るかなあ。

    各種セミナーの開催(就職関連、読書会、なんだかよくわからないもの)

    多様な人が集まるコミュニティとして活用。

    卒業後ギャップイヤーの人を支援する機関として。

            Jリーグ、日本代表戦の放送

      ハンモックを設置

    古民家、一軒家、廃校を借りる

    シェアハウスのような形、2階は地方から来た人の宿泊スペース。

     (宿泊2000円、ハンモックの場合1000円)

 【参考】:『日本初!大人の発達障害の人々が運営するブックカフェ「Necco」』

       http://diamond.jp/articles/-/20394?page=4

     :就ともcafe

                       http://www.dreamnews.jp/press/0000049885/

 

◆大学等で、就職活動を止めてしまったorやる気がでない人向けに『講演会』

 意義:既卒者の話を聞くことでフリーター、ニート予防になる

    「大人」の話ではなく、当事者たちの話であること。

    有料にすることで、既卒者の活動資金になる。

 

 予想:卒業間近の2,3月にニーズがありそう。

    実は中小企業が増えている6月にもニーズがあるかも。

 

 

◆『私の既卒就職活動体験記』として、電子媒体等で販売。

 (50円で販売。サイト作成者10円、僕10円、既卒者30円)

 意義:既卒就職活動の現状をリアルタイムで届けられる。

    有料にすれば、既卒者の活動資金となる。

    サイトの作成者にも資金が入る(できれば既卒者にお願いしたい。)

    僕にも…

    うまくいけば、体験記を見てくれた人が採用してくれるかも。

 

 課題:WEB、よくわからない。(どれくらいで出来て、資金はいくら必要か)

    そもそも売れるかな?

 

 

◆『一緒にハロワに行こう!ツアー』500円

 意義:ハローワークを利用したことのない人が、利用するように支援できる。

    (かなり意義があると思っています。)

    一緒に行く人も実はハローワークを利用しちゃう。

 

 

◆既卒者『アルバイトの会』

 意義:若者が多数集まるので、仕事の依頼がしやすい

    既卒者の活動資金になる。

 

 課題:シフト等の決定が難しい。

 

 

◆『既卒者100人インタビュー』

 ⇒書籍化、白書化

 意義:社会的な課題の分析になる⇒国の若者支援対策に影響を及ぼすかも!?

 

 実は、新卒一括採用の打破も狙っています。

 卒業後のギャップイヤーが認められるように。

 社会的にも利点が大きいと思います。

 

◆政策提言(アドボカシー)

 意義:既卒者だけでなく若者、雇用、採用方式、教育など、現場を見た上での提言ができる。

    (100人インタビューの必要性があるかな?)

 

 

◆『○○カフェ』の開催、支援

 (例)うつ病カフェ、 中退者絵描きカフェ離職者カフェ、就留カフェ(就職活動留年)

 

 

◆なんか変な会社を作る

 これだけ若者がいれば、作れるのではないか

 

 

◆「既卒者カフェin○○」を広める

 各地の開催者を募り(または頼み)、既卒者カフェを広める

 意義:既卒者の社会的包括。居場所。

 

   まずは関西から!

 

◆ 「既卒者の親のためのセミナー」

 お互いの共通理解を広めるための取り組みです。

 就職活動、労働、将来(待機児童問題、年金問題)等の現状、を伝えます。

 

◆ustream放送既卒者TVというメディアを持つ。

 そのままです。遠隔地でも参加できるように。

 

◆取材をしてもらう。

 プレスリリース等も

 

◆【既卒者SNS】

  進行中です!

 

◆既卒就職活動内定者の体験記

  進行中です!体験記を執筆してくれる方、募集中です!

 

◆「既卒割!」

就職活動の交通費がかさむため、電車賃の割引を要求します( ̄Д ̄)ノ

 

◆「既卒者向け住宅提供サービス」

地方にいて、首都圏での就職活動をしたい人向けの住宅提供サービス。

または単純に家賃が高くて困っている既卒者向け。

 

◆各種セミナー

『卒業後のギャップイヤーってどうなってんの?』 →構想中

『ブラック企業の見抜き方』           →with NPO法人POSSE様(を勝手に予定しています。)

『そこまでホンキじゃない就職セミナー』     →そこそこ働きたい求職者と、そこそこ稼ぎたい企業との

                         マッチング

 

◆各種企業ナビ

『サイレントお祈り企業ナビ』          →まずは就職人気企業ランキング100社にメールします。

                        (誰かやってくれる人いませんかー!?)

『面接後フィードバックしてくる企業ナビ』

『過労死者数ナビ』               

 

◆既卒者カフェグッズ部

 夏に向けて団扇や扇子、シールなどを作る。

 

◆既卒者カフェデザイン室

 各種デザインを請け負う。

 

◆アゴラに記事を投稿

 

◆大学卒業後のインターンシップ情報 

 

◆「既卒者カフェの始め方」

 

◆skype版既卒者カフェ

 すぐできそう。

 

◆ソーシャルリクルーティング関係とのコラボ

 

◆studygiftとコラボ

 

◆既卒者カフェin韓国 

 

◆滝行合宿

 本当に効果あるのかなあ

 

◆就職留年体験記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

What's New

アクセスカウンター
ワンデーカラコンおっきくなぁれメール配信結婚指輪サーチマップビルダー